2016 年 12 月 5 日

<宿泊研修>あしきた青少年の家

カテゴリー: 未分類 — admin @ 4:06 PM

12月2日、3日に一泊二日であしきた青少年の家に宿泊研修で1年生と3年生で行ってきました。
9時半ごろに学校を出発し、11時過ぎにあしきた青少年の家に到着し、入所式をしました。
指導員の方から「共感」「交流」「向上」の三つの目標のお話と、施設の使い方についての説明がありました。

その後、昼食を食べ、13時半からカッター研修を行いました。
ライフジャケットの着方、船上での注意事項、カイ(パドル)の扱いについて丁寧に教えていただきました。


カッター研修の様子

カッター研修の様子

競争の様子

最初はカッターがなかなか進まず、カイの動きもバラバラでした。声の大きさ、掛け声のリズム、体の動きなどを話し合い、どうしたらうまく進むかを考えました。
一人が怠ければ、誰かがその分強い力でこがなければいけないことも学びました。
2艇でどちらが先にゴールするかの競争では、お互いを意識しながら漕いだのでリズムが崩れがちになりました。
カッター研修では、小さな力も合わせると大きな力になること、心が折れそうでもあきらめてはいけないこと、皆で同じことをして成し遂げたときの感動は大きいことを実感しました。

夜はキャンドルの集いの後、レクレーションをしました。
レクレーションでは、全体で息を合わせないとうまくいかないものもあり、自分だけの感覚ではなく、周りの感覚に自分から寄せていく大切さを学びました。

2日目の午前中は、普通救命講習会ということで、芦北消防署の方に来ていただき、心肺蘇生法、人工呼吸、AEDの使い方、緊急の電話のかけ方など、緊急時の一連の流れを体験しました。本当に丁寧に教えてくださり、もしものことが起きたときは勇気を出して人の命を助ける手助けができると思います。


一泊二日と短い時間でしたが、とても内容の濃い時間を過ごすことができました。同学年の友達、先輩との関係がより深いものになったように思います。
普段の学校生活でも、時間に関する行動、周りの人との協力、自分本位に考えないことなどは生かせると思います。
これからの学校生活に期待がより膨らみます。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

このコメント欄の RSS フィード

コメントフォームは現在閉鎖中です。

Copyright(c)2009 Buntoku junior high school, All rights reserved.