2012 年 11 月 16 日

人権同和教育講演会

カテゴリー: 未分類 — admin @ 8:42 AM

今日は午後の時間を使い、人権同和教育公演が実施されました。

講師にはハンセン病への差別撲滅に向け奮闘されており、ご自身もハンセン病元患者であった中修一さんをお招きしました。

差別が生まれた背景には時代と国が絡んでいたました。しかし当時は差別をしているという認識はほとんどの人になかったと言います。そして今もなお後遺症や様々な不安から社会復帰できない人が大勢います。当時に負った傷がどれほど深いものであったかがよくわかります。

知らず知らずのうちに誰かを仲間外れにしたり傷つけたりしていませんか。自分は遊びのつもりでも相手は違うかも知れません。

「夜、明るい部屋から外は見えないが、外からは明るい室内がよく見える。」

まずは互いに理解すること。そしてお互いの立場に立って物事を冷静に判断できるようになること。生徒のみんなにはそれが普通にできる、情の深い人間に成長してほしいものです。

2012 年 11 月 6 日

平成24年度 文化発表会

カテゴリー: 未分類 — admin @ 9:58 AM

11月3日(土)文化発表会が挙行されました。この日は文化の日であり高校でも文化祭が開催されておりましたので、学校はとても賑やかな雰囲気に包まれておりました。

午前の部は英語暗唱や弁論、自由研究発表などの発表が行われました。

その後は各教室に展示された美術や技術家庭、理科の自由研究や総合的な学習でまとめた様々な掲示物を鑑賞しました。

午後の部は少林寺拳法やバイオリンやピアノなどの個人発表がありました。

そして学年発表では各学年で考えた劇の発表をしました。

皆の堂々とした姿は観る者の心を打ちました。個人発表では意外な一面も見ることができ、新たな発見と感動がありました。劇の内容も社会問題や様々な国の状況を的確に描いており、内容も非常に濃いものでした。本番に向けて長い期間かけて企画、制作をしてきましたが、その成果が十分に発揮されていたと思います。

文化発表会は中学校3年間だけの一生に一度きりのイベントです。個人で必死に研究してきたことや、クラスや部活動で学び、皆で一丸となり発表したこの経験は一生の思い出となり、宝となります。また保護者の皆さまにはお忙しい中発表会に足を運んでいただきありがとうございました。生徒にとって何よりの励みになったことと思います。

文化がなければ文明もありません。学業だけでなく、このような会を通して人間らしく楽しみ、新しいものを生み出し、それを継承し絆を深めることで社会がより良いものになるということを生徒たちが理解してくれていたら幸いです。

Copyright(c)2009 Buntoku junior high school, All rights reserved.